« 吉祥寺の夜 | トップページ | 白鳥オフ告知 »

2006.02.05

プライドと偏見

pride800

この土日は、あまりの寒さと風の強さに自転車で走る気分になれませんでした。
ヘタレですんまそん。
予定してたTDLも延期になってしまったので、前から観たかった映画「プライドと偏見」を観に行ってきました。

久しぶりに都心の映画館に行ったのですが、有楽町の「有楽座」はいつのまにか(ってずいぶん前に行ったきりですが)リニューアルしてて、設備もサービスもグレードアップ。
座席は全席指定(初回をのぞく)で、「中央から後ろは混雑してます。5列目より前ですとゆったり観ることができます」といわれ、5列目にしたのですが、なるほど、両隣は空席にしてくれて、なおかつ前の席は空席。
(チビだから前の席に座高が高い人が座ると辛いの)
シートも良いし、前の席との間のスペースも広いし、脇にはポップコーンを置ける台まであって至れり尽くせり。

そして肝心の映画ですが、一言で言うと「丁寧につくられた良質な映画」でした。

19世紀のイギリスの田舎貴族の社会、美しい自然、風景と光、登場人物たちの心の動きを丹念かつ上品に描きあげてます。
当時のイギリスでは女性に財産の相続権はなく、女性5人姉妹しかいない田舎貴族のベネット家では、母親から娘たちまで「条件の良い結婚相手」を見つけることに血道をあげています。
そんな家族を、半ばあきらめの境地で見守る父親。
その父親の気質を受け継いだ、聡明で勝気な次女・エリザベスは、「愛する人とでないと結婚できない」という考えの持ち主。
そんな田舎の村に、年収5000ポンドというヒングリー家が引っ越して来る、というところからストーリーが始まります。

私は原作「高慢と偏見」を読んでるんですが、ストーリーは若干単純化されているものの、読んだ人、読んでいない人の両方とも楽しめる作品だと思います。
知っている小説が映画化されると、たいがいがっかりさせられることが多いのですが、この映画はストーリーの省略はあれど、かなり原作(の世界)を忠実に表現しているのではないかな、と思いました。

主演のキーラ・ナイトレイは、Love Actuallyで初めて知りましたが、若いけれどとても魅力的な女優さん。現代的な顔つきの女性なので、時代物には合うかな、と思いましたが、抑えた演技がとても良かったです。

一方のダーシー役の人は、ハンサムなんだろうがちょっと好みではなく。やはりここは元祖コリン・ファース(BBC版「高慢と偏見」のダーシー役)に演じてもらいたかったなぁ、というわけで、ずっと欲しくて迷っていたBBC版「高慢と偏見をポちっとな、してしまいました。えへへ。

|

« 吉祥寺の夜 | トップページ | 白鳥オフ告知 »

コメント

> あまりの寒さと風の強さに自転車で走る気分になれませんでした。

こういう時にこそ自転車に乗って、暖かいものを食べるんですよ。もちろん謎の液体付きで。(笑)

ケントさんと二人で、「鴨鍋サイコー!」を連発していました。暖かくなる前に、もう一度行きましょう。

投稿: Gibson | 2006.02.06 11:49

今夜、雪って本当?

Gibっち:

>こういう時こそ自転車に乗って

ホント、すみません。勘弁して下さい。
m(__)m(笑)

>暖かくなる前に
えっ?「暖かくなったら」じゃないんですか?(絶句)
もう少し暖かくなったら、にしようよ~。(涙)

投稿: ussy | 2006.02.06 12:40

TOHOの映画館でシネマイレージをためこんで
プレミアシートをゲットして、見ました。
キーラ・ナイトレイは、『パイレーツ・オブ・カリビアン』で
オーリー君の相手役を務めたときに17歳!

「愛する人とでないと結婚できない」
ったって、結局のところ相手は金持ちやんけっ!(失礼)
お金を持っていると愛情にも余裕があるのよね~
なんてつっこんでしまうオバチャンです。
パパ役のドナルド・サザーランドがよかったぁ。
というのが私の感想です。
終わったときに「昔のNHK朝ドラみたいだ」って言ってた人がいて
妙に納得しました。

今夜は雪でっせ~。

投稿: 薫 | 2006.02.06 19:16

薫さん:

そう、キーラ・ナイトレイってすごく若いんですよね。

>結局のところ相手は金持ち

だって、ラブコメだもーん。ご都合主義でいいんだもーん。
この小説はラブコメの元祖だと思ってます。

>パパ役

良かったですね。もう、最後のダーシーとのシーンですでにうるっときてたのに、パパとのやり取りで号泣ですよ。ずるーいって思っちゃった。でも、あーすっきりした。

投稿: ussy@ラブコメ大好き | 2006.02.07 06:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プライドと偏見:

» プライドと偏見 [コスメおたく全員集合♪]
やっと見てきました〜♪マイラヴキーラ・ナイトレイのプライドと偏見。18世紀イギリスのお話。このぐらいの時代のヨーロッパの衣装、インテリア大好きなので、ものすごい目の保養映画でした。いつもは恋愛系映画は見ないんですよ。タイタニックで激怒して以来。ドラえもん...... [続きを読む]

受信: 2006.02.06 15:00

» 「プライドと偏見」ただひとつの恋 [soramove]
「プライドと偏見」★★★★ キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演 ジョー・ライト監督、2005年イギリス 18世紀末のイギリス、 階級社会が鮮明で 堅苦しい挨拶や言葉 そんな枠の中でも 生き生きと人物が描かれた秀作。 かんたんに男女が言葉...... [続きを読む]

受信: 2006.02.12 10:46

« 吉祥寺の夜 | トップページ | 白鳥オフ告知 »