« 太陽と風と暴力的な食欲 | トップページ | おこもりモード »

2006.01.20

「東京奇譚集」

4103534184

なんとなくもったいなくて、ちょっとずつ読んでいた「東京奇譚集」(村上春樹)ようやく読了。

村上春樹は大好きな作家で、出版された本は全部読んでるハルキニストだったりします。(といっても彼は多作じゃない)
#ちなみに、一番好きなのは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」

今回の「東京奇譚集」は、5つの短編小説が収録されています。
それぞれ微妙にカラーが違っていて、村上ワールドの凝縮っぽくて面白かった。
でも、初めて村上春樹を読む人にはおススメしないかも。
#初めて読むなら「羊をめぐる冒険」かな?

この「東京奇譚集」、「日々移動する腎臓の形をした石」が一番好きな話で、「品川猿」が一番面白かったと思いました。

「日々・・・」のほうは、ちょっと切ない話だったりするのですが、魅力的な女性が出てきます。
村上春樹の作品には、

・中性的
・かわいいというより美人
・スタイルが良い

って感じの女性が良く出てくるように思います。
たとえば、「羊をめぐる冒険」の耳のモデルをやっているコールガール。「ノルウェイの森」のハツミさん。
他にもまだたくさんいたような・・・好みのタイプなんだろうか?

そして、「品川猿」は、村上ワールド全開な話でした。「猿」の語り口は、「羊男」を思い出しました。
ああ、早くまた長編小説が読みたいなぁ。

|

« 太陽と風と暴力的な食欲 | トップページ | おこもりモード »

コメント

『東京奇譚集』は僕はまだ最初の3編しか読んでないです。理由は同じく「なんとなくもったいなくて」(笑)。
初めて読む人に薦めるなら僕も『世界の終わり…』か『羊をめぐる冒険』です。『ノルウェイの森』だけ読んだことある人って多いのだけど、「そーじゃないんだー。こっちも読んでみて」って言いたくなったりしません?(作品が良くないっていうんじゃなくて、例外的な作品だからっていう意味で)

投稿: ショーゴ@実はハルキニスト | 2006.01.20 02:03

ショーゴくん:

ということは、私が記述した2作品はまだ読んでないってことですね。
ハルキニストのショーゴくんなら気に入ってくれると思います。特に「品川猿」。

>『ノルウェイの森』

そうそう。この作品はとても「例外的」。
私も、これだけを読んで村上春樹を評価してもらいたくない、と思ってます。
もちろん好きな作品なんですけどね。

投稿: ussy | 2006.01.20 12:12

実は僕も村上春樹好きです。彼の小説にうちの大学の名前が出てるということを友達に教えてもらって読んでみた、という何気ないところから始まりました。
世界の終わり・・・はハラハラドキドキで、もう学校そっちのけで読んでました。
ノルウェーの森は何が例外的なんでしょうか・・・?
ノルウェーの森、最後は思わず涙してしまいました。

投稿: 湯たんぽ | 2006.01.20 21:32

湯たんぽくん:

一瞬誰かと思ったけど・・・お元気ですか?

ほとんどの村上作品では、現実離れした場面とか、ありえない脇役がいたりするのですが、「ノルウェイの森」は現実的な場面とリアルな登場人物しか出てこないので、それが「例外的」だと私は思ってます。

それと、「ノルウェイの森」は私がちょうど大学生の頃発売されたのですが、超ベストセラーで社会現象になったんですよ。たしかキャッチコピーが「100%の恋愛小説です」だった気がします。

#ちょうど湯たんぽくんが生まれた頃、ショーゴくんが小学生の頃か。キャー(笑)

投稿: ussy | 2006.01.21 07:54

キャー、そんな昔の作品だったんですね!
僕まだ産まれてないなんて!!!

そうそう、どっかの出版社が「村上春樹がわかる本」なるものを出してますが、ああいういわゆる攻略本的名もの、どうなんですかね~。小説なんて(というか国語なんて)、読む人それぞれの感性ですよね~?

投稿: 湯たんぽ | 2006.01.22 13:58

湯たんぽくん:

キャー、生まれてなかったか(笑)

もちろん。
小説なんて、好きなように読めばいいし、受け取り方も人それぞれでいいと思います。
正解なんてないよ。

投稿: ussy | 2006.01.22 15:46

はじめまして。「島暮らし雑記帖」というブログを開設しているフナリンと申します。

「東京奇譚集」の記事をトラックバックさせて
いただきました。

私も「品川猿」が一番面白かったです。
「世界の終わり・・・」も好きです。

投稿: フナリン | 2006.01.29 02:59

フナリンさん、はじめまして。
トラバありがとうございます。

「品川猿」は読みながら声を出して笑っちゃいました。
「世界の終わり」はハードカバー本を友達(誰だかわからない)に貸したまま、戻ってこなくなってしまいました。
文庫で読み直してみようと思います。

投稿: ussy | 2006.01.29 15:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「東京奇譚集」:

» 「東京奇譚集」 [ftkentの自転車(&読書)日記]
東京奇譚集 「東京奇譚集」(村上春樹著:新潮社)読了。 [続きを読む]

受信: 2006.01.20 21:04

» 村上春樹の新作を読む [島ぐらし雑記帖]
自分の読んだ本について記録しておきたいと思って、 別ブログを「はてな」で開設しようとしたのですが、 使い方がわかりにくく手こずってしまったので、 結局、こっちに書くことにしました。 「島ぐらし」とは関係ないのですが、 ときどき読んだ本の感想も、 ここにのせていきたいと思います。 私は、女性作家の小説を好んで読む傾向があります。 意識して選んでいるわけではないのですが、 今まで「はまった」作家のほとんどは女性です。 試しにあげてみると、 小川洋子・増田みず... [続きを読む]

受信: 2006.01.29 02:56

« 太陽と風と暴力的な食欲 | トップページ | おこもりモード »